おうちでモンテッソーリ🌱

我が家の0歳児こびとちゃんのモンテッソーリ&赤ちゃん学実践ブログ☺︎モンテッソーリ教育/食育/英語教育/ハンドメイド

ゆらゆら抱っこで心が育つ🌱

最近こびとちゃんをあやすのに、足をゆらゆら腕をゆらゆら、家中を歩きまわってくたくたになります( ;∀;)

 

なんといっても、すでに7キロあるこびとちゃんは重いのです…。涙

 

ところで、赤ちゃんはどうしてこんなにゆらゆら抱っこされるのが大好きなのか、不思議に思ったことありませんか?

 

お母さんの産後の筋力低下を憂いての筋トレ推進か、はたまた、まさか単なる嫌がらせが目的ではないはず…

 

実は、脳の中の機能に秘密があるのだそうです!

赤ちゃんのあれこれは脳科学と結びつくんですね。

赤ちゃん学って面白い♡

 

そしてそして、今日のテーマは

 

前庭感覚❣️

 

ゆらゆら抱っこの秘密に迫ります✨

 

▷前庭感覚ってなに? 

 

*体の運動やバランスをとれるようにする五感に続く六番目の感覚

*特に目を正確に動かすのに大切

    (例:走っている時に周囲が上下して揺れて見えないようにしている)

*子どもは適度に刺激させると気持ちがいい

 *前庭神経っていうのがある 

f:id:demichannel:20180217215030j:image

 

▷いつからいつまで発達するの?

 

*1.3cmの胚の時に前庭神経は作られ始めている

*思春期まで作り続ける遅い発達の伝導路もある

 

→子どもの時好きだったトランポリンやホッピング、一輪車も竹馬も…全部が前庭感覚の訓練だったとは!!

 

▷何に関係するの?

 

*平衡感覚や運動能力の発達

*心と神経の発達 

特に早い時期に成熟する感覚の1つである前庭感覚は、赤ちゃんのはじめの感覚経験の大部分を占める。

そのため、他の感覚能力や運動能力の組織化を助ける。

→さらに感情や認識といった高次の発達に影響及ぼすことになる。

*心に障害をもつ子どもには前庭感覚の欠陥がしばしばみられる。

(注意欠損障害、学習障害言語障害自閉症の子など)
→もちろん前庭系だけが唯一の原因だとは考えにくいが、大事であることは確か

 

▷前庭感覚を刺激するとどうなるの?

 

*他のあやし方をされている時よりも、目に映るものに大きな注意を払う

*周りの世界に関する情報をとりわけ効率よく吸収し、学習できる

*ずっと刺激が継続すると、赤ちゃんの覚醒レベルは低下し、寝入る。

→これも成熟しつつある脳にとって好ましいこと。眠っている間にたくさんの大切な変化が起こっている。

  

▷まとめ

 

と言うわけで、お母さん的には腕が痛かったり、足が疲れたり、腱鞘炎が悪化したり…(←これ切実)

 

ゆらゆら抱っこをする日々は、なかなか大変なのですが。

 

単にこびとちゃんを泣き止めさせるだけではなく、心を育ててると思うとなんだかわくわくしてきます╰(*´︶`*)╯♡

 

それならケチらずゆらゆらするよ、

心よ、しっかり育っておくれ🌱

 

前庭感覚たのんだよ!٩( 'ω' )و 

生後2ヶ月ダンサーモビール🕺💃

生後2ヶ月のこびとちゃん、ムナリモビールにも飽きてきた様子だったので、ダンサーモビールにレベルアップしました💃🕺✨


今度はキラキラの赤青緑黄色と黒色のコントラストのモビールです。

 

百均でキラキラ折り紙と黒のボール紙を買ってきてつくりました。

 

f:id:demichannel:20180213220715j:image


こちらもなんともいえないシュールな見た目ですが、こびとちゃんは楽しそうに目で追って、ハイテンションで自分もダンスしたりしております♩笑

 

f:id:demichannel:20180213220854j:image

 

そして、ついに頭を自分が見たい方に動かす随意行動ができるようになりました(^^)


写真やムービー撮ってるとバレる…笑

 

次のモビールは3ヶ月過ぎから! 


毎日どんどん成長してゆくこびとちゃん。

 

その変化を感じるのはとても楽しいけど、モビールやトッポンチーノを作る余裕は全くないので、ひまな妊娠中にがんばっといて良かったとつくづく感じるのでしたʕ•ᴥ•ʔ

産後は痛いよ

妊娠中は妊娠中で体中がむくんだり(ほとんどの靴が入らなくなって悲しかった😢)、バネ指といって指を曲げると痛かったり、マイナートラブルに日々悩まされましたが、、、

 

産後は産後で身体中が痛いー!!!

 

なんなんでしょうね、この痛さ。

 

産後すぐは定番の会陰切開の痛みに悩まされ、ドーナツクッション手放せず。


産後すぐになった腱鞘炎は、今や7キロを越すこびとちゃんのだっこで悪化、、、

完母なのですが、最近は乳腺ががつまって白斑に(O_O)口内炎を吸われてるような痛さ⚡️

 

基本、脂質で乳腺が詰まるそうなので、ケーキや生クリームは当然のごとく、クッキーや焼肉も我慢!

授乳中は一日に600〜700kcal消費するので(ジョギング3時間分!)太りにくいと聞いていたのに、まさか食べられないとは…(o_o)

 

さらに産前に中断していた歯科矯正も再開したので、親知らずの抜歯に、調整用のワイヤーが強くなったりで歯が動く感じのむず痛さに、新しいワイヤーに慣れずに口内炎

 

魚と鶏肉、野菜に白米、煮物や蒸し料理で柔らかく、なるべく油や脂質を摂らない生活を送っています。

おやつはぜんざいと甘酒。

あぁ、日本食万歳よ、健康よ。笑

 

産むのは産むので陣痛促進剤使ったので激痛だったのに、産後もこんなに地味に痛いとは…

 

こびとちゃんの癒しがなかったら、本当にやってられませんよ。

 

ほとんど、こびとちゃんが原因なんですけどね。笑

 

成長記録にも大活躍♡大きなトッポンチーノ 登場!

生後2カ月で以前ブログに書いたトッポンチーノからはみ出てきたBig Babyのこびとちゃん。

 

そろそろ背中スイッチ覚悟かーと思っていたら…

 

嬉しいタイミングで、まるで大きめのトッポンチーノを出産祝いにいただきました✨

 

その名も!

 

ノルディックスリープ!
初めて見たMADE IN DENMARK🇩🇰!

 

f:id:demichannel:20180205065321j:image

(↑こびとちゃんの下のお布団)


生後6ヶ月頃まで使えるそうです。


頭の絶壁防止、うつぶせ練習、背中スイッチ対策、抱っこのしやすさ、いろんな機能を果たしてくれます☺︎


洗濯機で丸洗い乾燥ができるのも助かる!

 

詳細はこちら♡

https://nordicsleep.co.jp/

 

毎日一枚トッポンチーノをガーゼケットの上で撮ってる写真もそろそろ70枚。

 

ノルディックスリープデビューも果たし、大きさ比較がしやすいので、こびとちゃんのはじめの方の写真と大きさが全然違って面白い記録になりました。

 

そして何より楽しいのが、毎日何で撮ろうか考えて遊ぶこと。笑

 

f:id:demichannel:20180205065335j:image

 

この日はサッカー好きのおじいちゃんから、日本代表のユニフォームももらって、早速U1デビューです♡

 

f:id:demichannel:20180205070247j:image

オレンジと撮ってみたりとか♡笑

 

f:id:demichannel:20180205070441j:image

 ル・クルーゼの離乳食セットと撮ってみたり♡

 

この写真の記録は最近は出産祝いの記録にもなってくれています(^^)

さて、いつまで続けようかな〜♩

何が見えてるの?!生後2ヶ月の強制注視👀

最近、支えありのお座りやタテ抱っこがマイブームのこびとちゃん。

寝てるのと違って、いろんなものが見えるみたい(^^)
壁や天井や、なにもないところもじーーーっと目を輝かせて見つめています👀✨

 

見てるこっちはトトロとか、小人とか?なにか見えてるんじゃないかとファンタジーな気分になるのですが、強制注視と呼ばれ、生後2カ月ごろの特徴だそうです。


ジェネラルムーブメントと同様に自分の意思ではなく、目が離せなくなっているのだとか。

 

生まれてから視力が上がると動くものを見るのは反射でできるようになり、2ヶ月頃には強制注視でじっと見せられ、その次の段階でやっと自分で見たいものを見れるのだそうです。

 

またまた何者かに操られているこびとちゃん(笑)
意思を持って自分で動ける随意行動まであと一歩!

 

楽しみ〜╰(*´︶`*)╯

赤ちゃんの手足のバタバタ、ジェネラルムーブメント!

赤ちゃんの手足を動かすバタバタとした動き。こびとちゃんがなかなか激しく動くので、これ何なんだろう?と思っていたところ、名前がついてました。

 

その名も…

 

ジェネラルムーブメント✨!

なんかカッコイイ!笑

 

 

赤ちゃん学によると、世界中の赤ちゃんが生後この手足をバタバタした動きをするんだそうです。

 

はじめはバラバラで法則性がありませんが、2ヶ月頃から軌道を描くようになり、3ヶ月を過ぎたあたりから意識的に筋肉を動かす随意行動へと変化していくのだとか。

 

立ったり歩いたりする全身運動の準備として脳に刺激を送っているとも言われているそうです。  

 

 

ってことは、こびとちゃんは自分で動きたくて動くというより、、、

 

何者かによって勝手に身体が動かされてる

ってこと…!

 

それは大変!

こびとちゃんはもうすぐです2ヶ月!

随意行動まであと少し!

がんば٩( 'ω' )و 

 

ところで、こういう分野は小児科医や脳科学者、発達心理学者の人たちが『赤ちゃん学』として研究しているそうです。


モンテッソーリさんも医師であり、教育の専門家でもあったので、赤ちゃん学とモンテッソーリ教育は繋がるところがたくさん。

 

最近はこびとちゃんのお世話と家事で毎日が過ぎて、なかなか本を読む時間の確保が難しいけど…隙を見て学びたい!!

生まれてはじめてのモビールはこれ!白黒オシャレなムナーリモビール◉◎

こびとちゃん、ついにモビールが見えるようになりました🌱嬉しい!!

 

生後18日からぐんぐん周りが見えるようになり、ついに今日(27日目)はモビールを追視できるようになりました。

 

このモビールはイタリアの絵本作家であり、有名なデザイナーのブルーノ•ムナーリによるムナーリモビール。赤ちゃんに白黒のモビールって、なんだかシュールな光景ですが、白黒には理由があるのです。

 

生まれてすぐの赤ちゃんは視力があまりよくなく、近くの白黒などの強いコントラストのものしか見えていません。


そのため、淡い色や早く動く電動モビールは赤ちゃんには見えていないのです。赤ちゃん用のモビールって赤ちゃんっぽくピンクや水色のかわいいものを思い浮かべますが、しばらくは本人には見えていないんですね…。

大人が見せて楽しんでるだけ(笑)


このモビールなら、白黒コントラストでゆっくり揺れてくれます。ゆらゆらが気持ち良くて、私もいつのまにか一緒に眺めてしまいます*。

 

このムナーリ•モビール、作り方は簡単で、100均の白いボール紙に黒いシールを貼り付け、クリスマス用のオーナメントのガラス玉を吊るして作成できます。

普通のモビールのように、棒を段々にして吊るせば良いのですが、バランスが取りにくくて断念…明らかにゆがんでいますが、ワイヤーをドーム状にして枠を作りました。笑

 f:id:demichannel:20171222071535j:image

見えなかったものが見えるようになる、ってすごく嬉しいことで、更に自分の作ったもので遊んでくれるっていうのも嬉しさ倍増でした。

 

「この自作のムナーリ•モビールがこびとちゃんにとって最初のおもちゃ」と言いたいところですが、、、
実はオムツ替えが終わった後、こびとちゃんが空調の風で揺れるゴミ箱のビニール袋の端を15分ほどじーっと見つめていたのを見て、「そろそろモビールも見えるかな」と思って見せてみたのがきっかけ。

 

案外、彼の最初のおもちゃはビニール袋の端っこなのでした。

 

そんなもんですね。笑

 

モンテッソーリ教育でははじめの半年くらいにいろんなモビールが登場するので、こびとちゃんを観察しつつ、吊るすものを更新していこうと思います。